機械学習の数理100問

ようこそ、機械学習の数理100問へ!
本サイトは、機械学習の数理100問シリーズ(共立出版)の各書籍の情報、および読者の方のヘルプを行います。第1巻は、2020年3月18日(水)の出版を予定しています。

機械学習の数理100問は、大阪大学基礎工学部情報科学科数理科学コース3年の講義「計算数理B」で学生に課していた演習問題です。
統計的機械学習の数理100問 2020年度版

普通の方が見られたら、どうしてこんなに難しい問題を解かないといけないのかと思われるかもしれません。数学でもプログラミングでも、前から順番に勉強していくとすべてわかるようになっているのです。また、勉強する前から「難しい」という先入観を持つことは、チャンスを逃がすことに繋がりかねません。そして、人工知能時代を勝ち抜くには、数学やプログラミングで必要なロジックを(ご自身の脳裏に)固めていくことが必要なのです。そこが、人工知能時代をエンジョイするか、人工知能のエジキになるかの分岐点になるかもしれません。

そうは言っても、講義をしっかり聞いてからでないと、この100問を解くのは容易ではないと思います。復習用のビデオ(下記)も用意していますが、それを見てこの100問を解くのも大変かもしれません。 ビデオは、書籍の各章に対応していてそれぞれ10-15分程度です(R/Pythonには依存していません)。

よろしければ、シリーズ第1巻「統計的機械学習の数理100問 with R」もしくは第2巻 「統計的機械学習の数理100問 with Python」(2020年4月末出版予定)をご購入ください。書籍は、各問題の解答に近い内容を、丁寧に解説していています。一通り読んでからだと、100問がスラスラ解けます。安心して人工知能時代を生き抜くことができます。

共立出版 機械学習の数理100問シリーズ
共立出版 統計的機械学習の数理 with R (2020年3月)

[動画を別のスタイルで見る]