WordPressを極める

投稿者: | 2009年11月1日

logo
このブログもWordPress (WP)というphpで書かれたオープンソースを利用して書いている。今回、講義のスライドをアップロード(UL)したら、そのPDFがうまく表示できず、FFFTPというUL専用のソフトで該当フォルダに直接ULしたらうまくいった。他でも同様の不具合を見た。やはりWPで用意しているアップローダーにバグがあるようだ。しかし、そもそもオープンソースというものは、ボランティアのコミュニティで開発されている。無償で利用させていただいているのだから、感謝して使うべきだと思う。

WPが勢力を得てきたおかげで、対抗馬のMovable Typeというブログのソフトも負けじとオープンソース版が出てきた。WPでうれしいのは、プラグインといって、ブログ以外の機能をするモジュールが(やはり開発コミュニティの皆さんのおかげで)利用可能になっている点である。HTMLで複雑な数式を書くのは容易ではない。特に、LaTeXに慣れていると、それをHTMLに貼り付けたくなる。プラグインで、LaTeXで書いた文字列がpng形式の画像に変換され、表示されるものが出てきた。最近は、それを重宝して利用している。そのような機能をもつ専用のソフトはないことはないが、WindowsやMacではうまく動作せず、数学の研究者や大学院生はほとんど利用していないと思われる。LaTeXのWPプラグインの登場は、非常にありがたいことだ。Wikipediaで綺麗に数式が出てくるのも、同じ原理で動作している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です