ERATO 湊離散構造処理系プロジェクト

投稿者: | 2010年11月14日

湊プロジェクト、テレビ会議で研究ディスカッション

北海道大学の湊先生が代表者となっているERATOのプロジェクトで、研究のディスカッションをさせていただく機会を得た。東工大と関西(梅田)と九州にサテライトのオフィスをもっている。

私自身は正式なメンバーではないが、梅田の責任者の阪大の鷲尾先生から何か話題を提供するように依頼され、11月12日(金)の午後、「連続データにも使えるMDL 基準の一般化」というタイトルの発表をさせていただいた。本来2時間の予定が白熱して、3時間となった。私と鷲尾先生を除くと、梅田は山本先生(京大)先生、濱口先生(阪大)先生、河原(阪大)先生と、杉山君(京大)、原君(阪大)、持田君(阪大)の大学院生が参加した。テレビ会議越しに、湊先生からもコメントや質問を多数いただいた。

11月末に北海道の北広島で行われる湊プロジェクトの合宿に参加することになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です