新入生履修指導 (於 国立若狭湾青少年自然の家)

投稿者: | 2010年4月26日

4/23(金)-4/24(土)の1泊2日で、国立若狭湾青少年自然の家での新入生履修指導に参加した。これは、理学部数学科で毎年行っている行事で、学部1年生の学生全員と、責任者や1年生の講義を担当する教員が参加する。私は、数年前に淡路島で開かれたときに参加したことがあるが、ここ数年は若狭湾で行われているということである。大学院生の研究指導や専門的なことを講義するだけでは、教員として勤まらないと思われる。こういうイベントにも積極的に参加して、学生たちが充実した4年間をおくれるよう、指導していく必要がある。新入生履修指導というタイトルがついているが、実際は、新入生歓迎合宿であり、学生との距離を縮め、スキンシップを図ることができればよいと考えて参加した。全体集会、分科会、若狭塗りの箸を磨くイベント、カッター(手ごきの小船)に乗るイベントなどがあり、4/24(土)の17:00ごろに大学で解散した。

理学部の玄関前から全員でバスに乗った (4/23 12:45)

若狭塗りの箸を、やすりで磨いて完成させる (4/23 20:00)

ラジオ体操と自己紹介をしないといけない(4/24 7:00)

手ごきの船を1時間半ほど漕いだ。ボランティアの方に、船首で熱心に指導していただいた (4/24 10:00)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です